あなたの生徒さんが「真面目に取り組んでいるのに、いまいち成果がでない!!なぜ?」と思った時にする対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子ども
 
 
こんにちは。広見式10歳脳の広見有紀です。
 

あなたの教室の生徒さんでこんな子はいませんか?

 

 「一生懸命やっているのに、結果はそこそこ・・・」

 

例えば、もう3年通っているピアノ教室の生徒さん。
教室でもすごく頑張ってるし、おうちの宿題もきちんとやってくる。
なのに、まだバイエルから卒業できない……。

 せっかく教室に通ってくれてるんだから、レッスンの結果をきっちり出してあげたい、

そう感じるあなただからこそ、なにかもっと子供にできることはないか、
いつも探しているのではないでしょうか。

 

今のレッスンに、生徒さんが「心から楽しむ」ことができる要素を取り入れてみては?

 
というのも一生懸命やれるけど結果がいまいちでない、という子供は、「自発的に取り組めていない」ことが多いからです。
つまり、一生懸命取り組む真面目さはあるのに、「自分でやりたい」と思えないがために実力が合っても十分に発揮できないんです。
 
 
裏を返せば、子供が「自分でやりたい」と思える環境を作ることができれば、本来の実力に見合った成果を出せることになります。
 

「心から楽しむ」ことができる教室作りの2ステップ

 
そのために効果的な方法は、生徒さんが「今現在」ハマっているポイントを知り、それをレッスンに取り込むこと。
 

具体的には、

1「なんで~が好きなの?」の質問を駆使して、子どもがハマるポイントを知る

      2「ハマりポイント」をレッスンに取り込む

の2ステップで、生徒さんが「心から楽しめる」教室を作っていきます。

 

①子どもがハマるポイントを知る

ここでは、生徒さんの心が「楽しい」状態になるための「ゴール」を探します。
具体的には、「なんで~が好きなの?」の質問を駆使します。子どもがサッカー好きであれば
ゴールの達成感を感じさせるような、レッスンでのゴールをもっていきます。
 

②「ハマりポイント」をレッスンに取り込む

子どもの好きなこと、ついついやってしまうことなど。
そこと、あなたの教室のレッスンを組み合わせて表現するのです。
実際の教室では達成シールをはるなどの取り込むとうまくいくことが多いです。
 
 

まとめ

 「一生懸命やっているのに、結果はそこそこ・・・」っていうお子様の状況、なんとかしてあげたいって思いますよね。
ここでお伝えした方法で、あなたの教室のレッスン成果がアップできたらいいな、と思います。

 
お役に立てば幸いです。
 
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA