青学・原監督の名指導を子育てにも置き換え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原監督 青学

こんにちは、広見式10歳脳の広見有紀です。今日朝ビビットの番組をみていたら、青学の駅伝で名監督でおなじみの原監督と特集が組まれていました。

原監督の指導方針 「怒らない指導法」

まず、でました「怒らない指導法」

怒る 女性

この言葉だけが頭にこびりついて「私は子どもを怒ってばかりいる・・・」と反省してやまないママや先生は増えてしまします。ちょっとまって下さい!原監督も、ちゃんと怒るときもあった、子どもに気付かせるために、前を向かせるために怒るときもあるとちゃんとおっしゃっていましたので、皆様、どうか、誤解して頭に入れないで下さい。

原監督が作っている、チーム力と個の育て方を具体的に見てみると

  • 1年生も4年生も意見が交わせる関係
  • 監督の言うことでも、「イエスマン」になるな→自分の考えをいつも自分に問い続ける
  • 励まし、安心感で自分に自信を持たせ
  • 自分発信で目標を作っていく、監督からのトップダウンではない

広見式といっしょでした

同じというのは・・・広見式では幼児期から「言語的表現力」を家庭で育てることが、子どもが子どもらしく生きていく上で、とても大切だと伝えています。そこをどうやってママがアプローチしていくのかももお伝えしています。

伝える技術は、日々使ってこそ育つ脳力。

子どもが話をしたいと思う環境をお膳立てすることだって、親力の一つです。楽しそうに聞いてあげること、話したい話題を質問してあげることは、とても地味ですが、子どもの脳力を育てる上でとても大事なことです。

「黙って言うこと聞いてなさい」は、「体育会系」と一緒?

親の理想を押し付けるのに効率が良い「圧力」。しかし、脳の状態からいったら、「自分の主張の否定」「受け入れられない」という最悪の状態のため、いくらやっても技術も成績も上がらないという、残念なことに。

やっている量よりも、どんな想いと目標をもって、主体的に取り組むかが鍵

いうのは簡単ですが、だったら、どうすればよいの?と思うのが子育てです。

そんなことも含めて、いっしょに講座の中でお話しましょう。

 

新規募集!!

1月13日 10:30〜 2時間 親力アップ講座ベーシック①

1月17日 10:30〜 90分 広見式10歳脳でわらべび講座⑤

お気軽にお問い合わせ下さい。

10sainou@gmail.com 

img_6217

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA